読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいあんさんの日常

ネガらないように気をつけて生きるらいあんさんの日常記録

シュタインズ・ゲート

またまた映画感想。

今回はシュタゲことシュタインズ・ゲート。ネットでの評判の良いアニメです。深夜アニメ版24話からOVA1話、映画版と一気見です。風邪ひいて家でゴロゴロしながらでしたが、ダルさ忘れるくらい面白かった。

感想から書くとOVAと映画版は恋愛映画。深夜アニメ版はオタク向けアニメ。映画もアニメもどっちもそのジャンルが好きなら面白い。私は両方好き。と言いたいけど深夜アニメ版12話まで退屈だったかなぁ…。ネットスラングを喋るキャラたちが結構しんどい。面白いって評判見てなきゃ間違いなく最後まで観てない。12話以降の展開は凄く良いけどね!


では、内容。

バックトゥザフューチャー系。

以上!



だけではさすがに雑なんで、過去を変える難しさを掘り下げた作品。日常から過去に影響を与え始め、どんどん取り返しがつかない事態に陥る。徐々に首が絞まっていくような雰囲気作りはお見事。仕上げにOVAと劇場版で恋愛要素をブレンドしてやや甘めな締め。普段はヘタれ気味な主人公だけど決めたらやり切るあたりが気持ち良い。


以下ネタバレあり映画感想。


劇場版はオカリンのファーストキスの相手が誰なのかをやり直したかっただけじゃねぇか!って感想。まー恋愛もの好きだから面白かったけど、色々と批判でるのは仕方ない。

だってクリスさんが強烈な記憶云々って言ったらキスだなってあっさりわかるし。肝心なキスシーンも散々見せられてて視聴者的には強烈なインパクトに欠ける。どうせやるなら『私がこの世界線を忘れられなくしてあげる』とか言ってもうちょい甘くキスして良かったんじゃないの?

とまぁ批判的になったけど十分に楽しめました。ネットスラングを喋るキャラが許せるなら観る価値ありです。