読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいあんさんの日常

ネガらないように気をつけて生きるらいあんさんの日常記録

十五歳 学校IV

今週のお題「ふつうに良かった映画」


私が挙げるのは『十五才 学校IV』

寅さんとか武士の一分で有名な山田洋次監督の作品です。

といっても公開当時まだ中学生だった私には監督の名前なんて興味がなかったので有名な監督だと知ったのは随分あとなんですが。


映画の内容はロードムービー

不登校気味の少年が屋久島の縄文杉をみるために家出して各地を巡る。少年の成長物語。

旅をして少年は少し大人になる。


学校だけが学びの場ではない、色んな場所があり人がいる。そんなメッセージを子どもながら感じた作品です。主人公の少年と同年代だったこともあり強い影響を受けました。

一人旅をするようになったのは間違いなくこの映画の影響。

そして映画の少年のように多くの人に出会い影響を受けました。まぁそれは別の話ですね。


不登校という難しいテーマに触れているけど、この映画は難しいことは言わないです。温かい話でまとまります。そこから更に観客がそれぞれ何を思うかは観客次第。

ともかく温かい気持ちになって、旅をしたくなるそんな一本。是非とも観て欲しいですね。


十五才 学校IV [DVD]

十五才 学校IV [DVD]